散骨を取り巻く現状と種類

日本では、特に少子高齢化や過疎化が進み限界集落が増えており、人口が集中する都市部でも少子高齢化や核家族化が進み、墓地の取得や継承に対して否定的な考えを持つ方が多くなっています。

又、従来の埋葬には、高価な墓石や墓地の取得費用、金額でランクが決まる戒名など煩わしく多額の金銭が多い事や自然回帰などのエコロジーな考えの高まりを受けて、自然葬に対する関心が日本国内でも高まってきています。
自然葬は、遺体や遺灰を自然の循環サイクルの中へ還す葬送方法であり、鳥葬や土葬、水葬、火葬、散骨など多様にあります。



散骨は、遺体を火葬し残った遺骨を更に細かくし、海や山などの自然の中へ散布する葬送方法であり、1991年に葬送の自由をすすめる会が実施するまでは、昭和23年に制定された墓地、埋葬等に関する法律や感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律、刑法190条死体損壊罪、刑法191条死体遺棄罪などにより違法とされていましたが、現在では法務省も厚生労働省も条件付きで認めています。

散骨の情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

しかし、この葬送方法は、従来の宗教観や死生観と大きく異なる為に、故人や親族が希望する散布場所の許可が得られなかったり、親族自体の同意が得られない事もありますが、年々増えています。

あなたが求める教えて!gooのことならこちらのサイトが便利です。

散骨は、船やヘリコプター、小型飛行機による海岸から離れた海洋に散布する方法や山や原野など陸に散布する方法、遺灰をカプセルにいれてロケットで宇宙に打ち上げ、再び地球に吸い寄せられ流星になる方法など故人や親族の希望に合わせて行われています。